ショッピングカートを見る
おすすめ
商品検索

ブログ掲示板

ブログ担当hanaです

おすすめ品などを載せています

通販室だより
rss atom
 こちらでは、いそべクリニックに通院されて、アトピーを克服された方々の体験談を、ご本人の許可を得て掲載しています。少しでも皆さまの希望や参考になればと思います。


 自殺まで考えた日々から普通の生活ができるまでに 
〜 S・Nさん(30代 男性)〜


 私は高校生の頃から軽いアトピーでした。皮膚科にステロイドを処方してもらい、何とかしのいでいたのですが、大学を出て就職すると、職場のストレスからかアトピーが急激にひどくなり、全身に昼夜を問わず激しい痒みが襲うようになりました。ステロイドの怖さは知っていましたが、使わないでいると、あまりの痒さに出血するまで皮膚を掻きむしってしまい、仕事も手につかない状態でした。
 もちろん、これまでいつくもの皮膚科を訪れましたが、結局ステロイド頼みで、より強力なステロイドを処方されるだけでした。自分でもいろいろ調べました。そして、市販薬や漢方薬、温泉治療に民間療法など様々試してきましたが、特筆するような効果はなく、ステロイドの連鎖にはまったきり、いっこうに希望の光が見えてきませんでした。
 人は「掻くな」と言いますが、世の中には我慢できない痒みがあることを理解していません。掻けばひどくなることは自分が一番わかっています。しかし、この終わることのない痒みをどうやったら我慢できるというのでしょうか。精神的にも追い詰められた私は、自殺を考えるようになってしまったのです。そんな自分に恐怖を感じ、素人発想の民間療法ではなく、きちんとした知識と経験を持って脱ステロイドを指導してくれる医者を、死ぬ気でもう一度、探すことにしました。

 この先生は今までとはちがう!これが最初に磯辺先生にお会いした時の印象でした。私の話を丁寧に聞いてくださったうえで、症状を診察してくださり、「ステロイドを使わなくても必ず治るよ」とおっしゃたのです。わずかに希望の光が見えた気がしました。そして、ステロイドを含まない特製の軟膏と内服薬を処方してもらいました。その時に、私がこれまで経験したことのない初めての指導を受けました。それは石鹸やシャンプーを使わないということです。アトピーは清潔が重要だと思っていた私の目からウロコが落ちた瞬間でした。
 驚くことにその効果は一週間で現れ始めました。夜に眠れるようになってきたのです。私にとっては大きな大きな一歩に感じました。この頃から希望の光が確信に変わったのではないかと思います。時間の経過とともに確実に症状は回復し、掻きむしった傷が綺麗に治ってきました。今までいろいろ試し、多額の費用と時間を浪費してきましたが、まさかほとんどお金をかけず、こんなに簡単なことで改善するとは。
 現在は、普段の生活をするうえで何の支障もありません。たまに痒くなるくらいで軟膏を塗っていれば痒みを忘れてしまいます。精神的にも安定してきたと思います。もちろん今も洗剤は使用していません。磯辺先生の指導どおりにゆっくりとお風呂につかり、ガーゼで優しく丁寧に時間をかけて体と頭を洗っています。そしてお風呂上りには保湿の軟膏。それだけです。そうです、ついに脱ステロイドに成功したのです。
 アトピーに苦しんでいる皆さん、ぜひ、いそべクリニックに行かれることをお勧めします。必ず希望の光が見えてくるはずです。私は磯辺先生に人生を救ってもらいました。仕事もプライベートも順調です。このご恩は忘れません。




 通院を始めて3ヶ月、今ではツルツル肌に 
〜 S・A君(6歳 男の子)〜


 ある時期から子どもの微熱が続くようになりました。小児科で抗生物質をもらい飲ませていましたが、良くなってはまた熱がでての繰り返しでした。
 そんな時、いそべクリニックの磯辺先生の診察を受けました。実は息子には軽度のアトピーの症状があったのですが、子どもの肌を見てすぐに、このアトピーの肌が発熱の原因だとおっしゃたのです。先生の診断ではアトピーのザラザラした肌が治れば、他のアレルギー症状も良くなるとのことでした。
 先生の指示どおり、その日からシャンプー、石鹸を使うことを止めました。そして処方された飲み薬と軟膏を欠かさずに用い、一週間が過ぎた頃、お風呂上りの子どもがあまり体を掻かないことに気づきました。二週間目に入った頃には、もう肌のザラつきがなくなってきて本当にびっくりしました。
 通院を始めて3ヶ月経った今では、肌がツルツルになり子ども本人もうれしそうです。それと同時に、微熱がでるようなこともなくなり、家族全員がよろこんでいます。
 子どもは良い香りのするシャンプーが好きで、いつも自分で選んだ大人用の物を使っていました。手洗いにはハンドソープ、体にはボディソープと、今考えたら、子どもの体に有害な物質を塗りこんでいたかと思うと怖くなります。磯辺先生にお会いして、洗剤の恐ろしさを教えていただきました。本当にありがとうございました。




 アトピーを克服して、待ち望んだ結婚式の喜び 
〜 S・Mさん(20代 女性)〜


 磯辺先生へ 
 
 こちらへ引越して来てから、はや1年が過ぎてしまいました。皮膚は、現在も何のトラブルも無く、今まで悩んでいたのがまるで嘘のようです。  
 私がいそべクリニックを知ったのは、先生が出版されてた本を読んだのがきっかけでした。ある婦人科の病院へ用があって行った時、待ち合い室にその本があったのです。私はその頃、他の病院に通っていて、ステロイドを常に使用している状態で、悩んでいました。私はその本を読むまで、アトピーを治すのは色々と面倒な事をしなければならないと思い込んでいました。例えば、食生活を変えたり、とてもていねいにそうじをしなければならななかったり。なので、先生の本を読んだ時は驚きました。食生活やそうじの事よりそれはせっけん、シャンプー、洗剤を使用しないという事だったのですね。 
 私は先生の本を読んだその日からせっけんとシャンプーをやめ、髪染めもやめました。その他に気を付けている事といえば、服の素材くらいです。そしてその後私はいそべクリニックの場所を調べて訪れ、治療を受けにいきました。除々にステロイドを減らしていき、保湿クリームでの保湿をしっかりとしました。今ではステロイドを使わなくてもキレイに肌を保てるようになりました。保湿のみです。先生と出会うまでは、私はいつまでこのかゆさで悩むのだろうかとモヤモヤしていましたが、その悩みが解決されて本当に幸せです。結婚して子供ができて、その子がもしアトピーになったらどうしようかと思った事もありましたが今はもうそんな心配しません。せっけんを使わなければ良いのだから。  
 私は子供の頃、イジメにあっていました。アトピーが顔に出ていたのです。毎日「不潔」呼ばわりされて、物を壊された事もありました。死にたいと思った事も何度もあったけど、今改めて生きていて良かったと思います。先生の治療法がもっともっと世の中に広まる事を願います。





 化粧品のサンプルをきっかけにアトピーに 
〜 I・Kさん(50代 女性)〜



 私は、以前、友達からある化粧品のサンプルをもらいました。それまで決まった化粧品を使っていましたが、友人の紹介もあったので、使ってみることにしました。一週間ほど経った頃、顔全体が赤くなりはじめ、少し痒くなってきました。それでも折角なので使用し続けたところ、全身が赤くただれて、痛みと痒みが全身に広がってしまい、夜も寝られなくなるほど症状が悪化してしまったのです。まぶたはパンパンに腫れ上がり、体のいたるところで皮膚が切れて出血していました。さすがにこれは大変なことになったと皮膚科のお医者さんを探し始めました。
 そんな時、アトピー治療で有名ないそべクリニックを知人から聞いて知ったのです。磯辺先生はとても話やすくて気さくな先生で、悩みをすべて打ち明けることができました。症状を診察すると、すぐに化粧品が原因であることを指摘されました。私は、その日から化粧品はもちろんのことシャンプーの使用も止めました。処方されたのは、磯辺先生オリジナルのまるか軟膏と睡眠剤だけでしたが、加えて私は顔と体に使用できる保湿液のエスタノールも購入してみました。先生のご説明によれば、この軟膏とエスタノールは、母乳成分ラクトフェリン配合でアレルギー反応や副作用もほとんど無いとのことでしたので、痒みが出るたびに一日に何回もこの2つを塗っていました。
 シャンプーは使えないと臭いが気になったりしたので、先生に相談したところ、ママプレマを紹介されました。これも先生の考案したものだそうで、最初はゴワつく感じもありましたが、一週間くらいでサラサラな洗い上がりになりました。今でも使用しています。
 あれから約1年が経ちますが、今では全く痒みはでなくなり、夜もぐっすり寝ています。アトピーには必ず原因があって、その原因をつきとめて取り除くことで、アトピーも完治できるのだそうです。私の場合は化粧品が原因でした。今までなんともなかった化粧品がきっかけで、こんなことになるなんて…。外出時には化粧したい時もありましたが、あの苦しみを考えれば、怖くて使う気にはなれません。アトピーになった時は、どうしてもステロイドは使いたくありませんでした。ノンステロイドで治療してくださる磯辺先生に診てもらえたことが最大の幸運でした。私の経験が参考になれば幸いです。




 あちこちの病院を転々としたあとで・・・ 
〜 O・Tさん(60代 男性)〜



 皮膚炎には、数年前から悩まされていましたが、それがアトピー性皮膚炎なのかどうかはわかりませんでした。近所の皮膚科で塗り薬をもらい、最初のうちは良くなっていたのですが、そのうちだんだん効かなくなってくるんですよね。それで違う病院に行ったりもしたのですが、あまり思うように良くなったという感じはありませんでした。
 受診のために「いそべクリニック」を訪れたのは、一昨年の春です。その時の状態はとくにひどくて、全身のかゆみだけではなく、皮膚がガサガサしてフケのようなものが落ちてくるし、足の皮膚も無惨にボロボロになり、食欲もなくなって、倒れそうなくらいだるくなっていました。身体全体に毒が回っているような感じで、これは、悪くなる一方だと思ったので、アトピー性皮膚炎をうまく治してくれると評判の「いそべクリニック」に駆け込みました。
 磯辺先生は多分私と同年代とお見受けしましたが、学者タイプの理性と、町医者の気さくさとが同居しているような不思議な魅力のある先生でした。先生に巡り合えた私は、実に幸運だったと思います。
 その時は、かゆみ止めの飲み薬と塗り薬をもらいましたが、それだけでずいぶん楽になってしまいました。それから、石鹸は肌のバリア機能をはがしてしまうので、使わないように指導されました。
 また、血液値中の総IgEが基準値の10倍くらいあったようで、私の皮膚炎は、典型的なアレルギー性であることも分かりました。
 驚いたことに、何年も悩んでいた湿疹が、数週間で劇的に治ってしまったのです。お医者さんによってこんなにも予後が違うなんて。「医者選びも寿命のうち」といいますが、まさにその通りだと思いました。その後、先生の指導もあってすっかり経過良好だったのですが、昨年また、皮膚の状態が悪化しました。先生には「石鹸を使っていませんでしたか」と聞かれたので、「すっかり良くなったから、使っていました」と答えると、「アトピー体質の方は、絶対に止めてください。石鹸そのものがアトピーの原因なのです」といわれました。私もあれほど湿疹で苦しんだのに、のど元過ぎれば熱さ忘れるというやつで、油断していたようです。
 また、以前のような薬をもらい、2週間ほどで軽快しました。これに懲りてもう二度と石鹸は使いません。それから1年半くらい経ちますが、もう湿疹はでていません。